fc2ブログ

丸尾聡の死ぬまで日記 復活編

市民劇の事

長きに渡った稽古も終わり、市民劇の第一陣の3ステージの幕が閉じた。
ご来場の皆様、ありがとうございました。
また、20、21日の川崎の公演にとおもっていらっしゃる皆様、どうかよろしくお願い致します。


さて。

というわけで、まだ中途ではあるのだが、思う事を少し。
ほとんどは泣き言であるので、読みたくない人は読まなければよろしい。

市民劇。
わたしたちが、普段やっているような芝居とはまったく違う形態で、今回は芝居をした。
経験させてもらったという思いもある。
ふじたあさやさんの演出は勉強になった。
アマチュアで50年劇団を続けている、京浜協同劇団のみなさんの芝居に取り組むスタンスも見事で、感激した。

小山と横澤が、その姿勢を含め、たくさんの人から好かれ、褒められたのも嬉しかった。
モスクワカヌも、急遽呼んだのだが、彼女のためにもなっただろうし、あいつの一生懸命さが認められてよかった。

わたしは、演出助手と俳優、この公演の推進委員。
1月に3週間の入院、それから当初から分かっていた事とはいえ、自分の劇団の公演がありその間は、迷惑をかけた。
芝居は、予想通り、評判がよいようだ。
お客さんも入った。
多摩市民館で3ステージで、2300人動員したステージというのは、もしかしたら記録ではないか。
まあ、予想通りの評判というのが、芝居を作る側としては、思う事もあるのだけれど、それは何よりの事であるし。

しかし、疲れた。正直。
出演者、スタッフ総勢70名ほどか。
まあ、こんなものを、体制作りや、何かを共有する努力無しに、仕切ろうとするのは、無理に決まっているのだから、やれることをと思っていたのだが、生来のサービス精神か、気のよさか、要領の悪さか、こういう事が嫌だから芝居をやってんのになあ、ということも実に正直、たくさんあった。
私の基準は、いい芝居を作る、ということでしかないので、それを基準にすべて動いているという事を、理解されない場面は辛かった。その方法論で戦うならともかく、最初から、自分の都合とか悪意でやっていると思われると実に萎えるものだ。多分、そういうひとは、普段、自分がそうなのだろう。

といいつつ、ああ、俺もプロなのだなあ、と自画自賛しよう。
評判がいいことへの、貢献は確かにしたと思うからだ。

後2ステージ。
粛々と、いい芝居をするための仕事をしようと思う。
「サービスし過ぎだよ、丸ちゃん」
小林達雄によく言われる言葉が思い浮かぶ。


が、「枡形城 落日の舞い」は、いい芝居です。
市民劇なのに、プロフェッショナルな、良さなのが面白い。
それは、まずは演出であるし、それを支えたプロのスタッフであるのだなあ。
それには、無論、自分も入っていて、だからこそ、どういう場面でも、どういう芝居でも、
面白い芝居を作るという事だけに向かい、それを技術と志で実現していく「プロ」でなければいけないなあ、
強く思った今回の芝居であります。


    03:43 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
Comment
2011.05.09 Mon 18:44  |  たく #-
この大所帯を役者やりながら演出助手でまとめていくのは
大変だったと思います。
それにしてもスタッフさんのプロとしての技術っていうのは
すごいですね。演劇に限らず、なんでもその道の専門家は
すごいです。
川崎でのあと2公演、よろしくお願いします。
お疲れ様でした  [URL] [Edit]
2011.05.09 Mon 20:34  |  マルピー #-
こちらこそ、力足らずですが、よろしくお願いします。
  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://maruosatoshi.blog89.fc2.com/tb.php/972-ac6e6c01
終了しました
震災による休演もございましたが、劇場の協力を得て代替公演を行ない、予定通りのステージ数を終えました。困難な状況の中ご来場くださったお客様に、心より感謝致します。また、ご協力くださった方々、お心をお寄せくださった皆様にも。本当にありがとうございました。

『死刑執行人
~山田浅右衛門とサンソン』



共同体の和を著しく乱した者は
生きる権利を失う
彼らの存在を世から消す
それが死刑執行人

[会場]
テアトルBONBON
中野駅徒歩5分

[タイムテーブル]
3月9日(水)~15日(火)
9日(水) 19:00
10日(木) 19:00
11日(金) 19:00
12日(土) 14:00
13日(日) 14:00/19:00
14日(月) 14:00/19:00
15日(火) 14:00

詳細は公式サイトでご確認ください
プロフィール

丸尾聡

Author:丸尾聡
○劇作家・演出家・シナリオライター・俳優
○“世の中と演劇するオフィスプロジェクトM”代表


糖尿病演劇人として、日々戦いの毎日
代表作に、戯曲『飯綱おろし』『海峡を越えた女』『離宮のタルト』、オーディオドラマ『バッテリー』『精霊の守り人』『残置物処理班』など

ワークショップ
*開催日程は公式サイト
 ご確認ください

■ベーシック・ワークショップ
 『声のれっすん
俳優志望者・スキルアップを目指す俳優、そして劇作家や演出家とその卵。幅広い演劇人のためのワークショップ。参加申込みは随時。

■戯曲創作ワークショップ
 『劇作のれっすん
構想を戯曲化したい方、書き上げた戯曲をリライトしたい方のため講座。
*短期リライトコース受付中!
 ⇒最終稿まで、面談または
  メール個人指導
*単日セミナー随時開催!

LINK
稽古場日誌更新状況
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
CATEGORY
最近の記事
最近のコメント
RSSフィード
死ぬまで日記を携帯で読む
QRコード
にほんブログ村
にほんブログ村 演劇ブログへ
FC2カウンター
オフィスプロジェクトM
〒214-0014
 川崎市多摩区登戸1504-201
TEL 044-900-9931
FAX 044-900-9213
MAIL info@promstage.com
死ぬまで日記 検索
Twitter

  過去ログはこちらです
2010年の仕事
'09~'10年 劇団ポプラ
三年寝太郎物語
*脚本・演出(全国巡演中)
オズの魔法使い
*演出
'10年3月 プロジェクトM
ダイニング・キッチン
*作・演出(新作書き下ろし)

'10年9月 レクラム舎
星からの伝言
*脚本

'10年10月 プロジェクトM
夕空はれて
*演出
'11年3月 プロジェクトM
死刑執行人(仮題)』
*作・演出(新作書き下ろし)
近年の舞台作品
10年3月/プロジェクトM
ダイニング・キッチン
*作/演出
(テアトルBONBON)

09年11月/プロジェクトM
飯縄おろし
*作/演出
(タイニイアリス)

09年8月/プロジェクトM
この夜の終わりの美しい窓
*芸術監督
(タイニイアリス)
09年3月/プロジェクトM
離宮のタルト
*作・演出
(相鉄本多劇場/サンモールスタジオ/松本ピカデリーホール/長野ネオンホール/千葉神崎ふれあいプラザ) 『離宮のタルト』DSC01149 『離宮のタルト』DSC01132

08年7月/プロジェクトM
料理人~RIO/喰らう/kurau~
*構成・演出
(こまばアゴラ劇場)
『料理人~RIO:喰らう:kurau~』DSCF2176 『料理人~RIO:喰らう:kurau~』DSCF2446

08年2~3月/プロジェクトM
ファイル/残置物処理班
*作・演出
(サンモールスタジオ/相鉄本多劇場/長野ネオンホール/松本ピカデリーホール)


07年4月~現在/劇団ポプラ
三年寝太郎物語
*脚本・演出
(全国巡演)
近年のラジオ作品
NHK-FM 青春アドベンチャー
『世界でたったひとりの子』脚本
09年1月19~30日 全10回
NHK-FM FMシアター
『残置物処理班』脚本
08年3月8日/10月18日(再放送)
*文化庁芸術祭参加作品
*ABU(アジア・太平洋放送連合)賞、ラジオ ドラマ部門最優秀賞受賞
NHK-FM青春アドベンチャー
『闇の守り人』脚本
07年4月16~27日 全10回
NHK-FM青春アドベンチャー
『精霊の守り人』脚本
07年4月2~13日 全10回(再放送)
DVD・上演台本
プロジェクトM Shop
旧作から新作まで、上演作品のDVD・台本を販売しています