FC2ブログ

丸尾聡の死ぬまで日記 復活編

入院日誌 再入院編 10/30

10/30 15日目

曇天。
泣き出しそう。

昨日深夜、歯痛で眠れず。痛み止めをもらう。ロキソニン。
どうやら効いて眠れたが、朝、また痛む。
起きてすぐに頼んだのだが、薬が来ない。なぜだ。
朝飯を、苦労しながら、それでも全部食べる。
たまらず看護士に「もうこのまま退院して歯医者に行きたいくらい痛い」というと、「先生もう来たか確認します」と走る。走って戻って来た。ありがとね。

朝食
パン90g(3ケ)、マービージャム(あんず)、カニサラダ(茹で卵半分、キューリ、レタス)、スープ(ほうれん草、ニンジン)、牛乳
PA300008_convert_20081101003638.jpg

カニサラダといってはいかん、といってるカニカマ入りのサラダはともかく(カニカマ入れるならゆで卵を一個に!)、衝撃はパンであった。三個! ああ、このパンはなんていうんだっけ? コッペパンじゃないし、コロネじゃないし、食パンじゃなし、ああ・・・・!!
最近、固有名詞が出て来ない。年なのだな。この前も「ハーブ」が出てこなくて往生した。写真で見て下さい。このパン。ね、これ三個ですよ。糖尿病生活20年、これ3個朝から食べるかと思うと、罪悪感が湧きおこります。今日の「マービー」はアンズ。

本日は朝食前に採血。最後の検査に廻るのだ。その際に朝食前血糖値を測定。94 であった。つまり採血した静脈からの血液で血糖値を測定した。入院してからわたしが自分で行っている自己血糖測定では、指先から、つまり毛細血管の血を使って計測している。これ、毛細血管のほが高く出る。空腹時で、10~20、食後は30~60高くでるというデータが在るようだ。従って、今日の94は、自己血糖測定だと104~114くらいに出る可能性があるってことだ。

明日退院なので〈最終評価用〉なるアンケートが来る。入院時と中間にあったのと同じ内容のものだ。
① 現在は糖尿病についてどのように思っていますか。
② 不安・心配な点の解決策は見つかりましたか?
③ 退院後糖尿病とどのようにつきあっていきたいですか。
明日まで考えて、提出することとしよう。
昨日より、目の前のベッドに一人入って来た。
足を痛めた糖尿病患者らしい。インスリンも打っているようだ。
顔が赤い、肌が荒れてる、しかも太っているなあ、BMI30超えはまちがいない。
この人、一応会釈はかわしたのだが、朝になってもブラインドは開けないし、ベッドカーテンも引いたままで、テレビとスポーツ新聞に没頭。
「二週間入院なんてまじ無理っす」と看護士にいっておった。
陽の光を浴びないといかんで。ヒッキーよ。

歯がまた痛くなってくる。歯医者に電話。抜歯の許可が内科の先生から出たことを伝え予約するが、あいにく連休明けで来週は混むようだ。木曜日に一応予約を取り、キャンセルが出たら電話してもらうことにする。看護士にいって、もう一錠ロキソニンを出してもらう。
歯痛というのは、人間の最も堪え難い痛みの一つだという。今日は、朝から仕事の予定を組んでいたが、ちょっと難しい。

昼食
白米180g、味噌汁(タマネギ)、アジのみりん焼き、カブの白煮(二分の一)、梅肉和え(大根、大根葉)、袋入り黄桃
PA300010_convert_20081101003843.jpg


85歳のじいちゃんの食事を盗み見する。うーむ。アジはなんだろうな、あれ。ウニ焼きなんか出るはずないが、なんかそういうのだった。何かを塗ってアジを焼いている! 俺のはみりんを少しだけだ! 副菜はじいちゃんは、カボチャの煮付け。「ああ、うまい、うまい・・・」といっておる。このじいちゃんは車いすなんでナースセターで食べてるんだな。だからわかるわけ。さて、その俺の副菜は、梅肉和え。千切りの大根が煮てあるという不思議な食い物であった。まずくはないが。もちろん、じいちゃんの白米は200gだ!
この人、入院して来た時は長いあごひげ、今はさっぱりしている。
看護士「ねえ、○○さんはどうして髭はやしてたの?」
じいちゃん「うーん、戦争でな」
そうか、ずっとはやしてるんだなあ。
じいちゃんのアジがなんという料理か知りたくて、食器が片付けられた運搬車
をのぞきこんでいると看護士に「丸尾さん、なんかありましたか」
「はい。うらやましくて」

午後、曇天が晴れ上がった。

保険関係の書類が今日になって事務所に届くことになった。明日出さねばならず、今日に限って誰もいない。仕方なく外出許可をもらって事務所まで行く。キャーは、足元にゴロゴロと甘えて来た。帰ろうとすると「え」という顔をする。「明日帰って来るから」といおうとしたら、もういなかった。
行きにオーザックのママ、帰りに見舞いによってくれた西尾さんと会う。

夕食
白米180g、親子蒸し(鶏肉、卵、タマネギ)、即席漬(キャベツ、キューリ、大根)、若竹汁(筍、ワカメ)、漬物(タクアン)、キウイ一個
親子蒸しは、親子丼の頭と同じか。即席漬けとともに、今日は塩分の濃い日?美味しく頂きました。しかし、漬物(タクアン)と即席漬け、かぶってるじゃん。即席のほうはサラダ代わりということか。納得はせず。若竹煮。季節外れ、季節外れでタケノコ、水煮なんだが、やはり嬉しかった。来年の春は竹の子食べるぞ。
さて、病院食も47食を終え、これであと一食を残すのみとなった。この間、カロリーのあるものは、飲み物を含め一切、病院食以外からはとっていない。
PA300024_convert_20081101003730.jpg

西尾さんがひょいと顔を出す。嘉島典俊くんと打合せだったのが、都合で早く切り上げることになったとのこと。嘉島君はちび玉と言われた大衆演劇の女形。現在も自らがメインの全国公演を続けており、それそれは、その踊りは見事だ。大河ドラマ「風林火山」では信玄の弟、信繁役で印象的な芝居を見せた。わたしも一緒に飲んだことがある。
西尾さんは、たしかにちょいと酒の匂いがした。こちらが敏感になっているからかもしれぬ。「まだ、帰りたくないんだよなあ」
西尾さんも、一度倒れてから、奥様がご心配されてなかなかこういう日がないのだ。さてどうするかと思案顔。どうせなら、丸尾のところへ行って考えようと来たらしい。むう。「千歳船橋に行くか」「え」「学生の頃バイトしていた寿司屋がまだあるんだよ」
千歳船橋は、たしか、西尾さんが警察の護衛付きで夜中に引っ越しをしたところ。「ああ、今でも、その頃の連中は、ケンちゃん元気? って声かけて来るよ」
そういって、西尾さんは、また風のように去ってゆきました。

夜。院内を恐らく最後のウォーキング。

本日の一日血糖値(上)と入院二日目の数値(下)
94 128 104 123 83 138 123 食前食後就寝前
169 316 255 303 179 231 220

これ入院してから、はじめて全計測時において「優」の数値である。
良くなり過ぎなのだ。インスリン朝6単位、昼夜4単位というのは最低ラインだから、これ以上良くなると薬になるのが普通。しかし、薬は前にも書いたが、確実に膵臓のインスリンを作るβ細胞を破壊していく。何年もつかはわからない。持たなくなったら? インスリンを打つ。打たなければ確実に死んでしまう。ベータ細胞が死ぬというのはそういうことだ。
なんとか合併症もこの辺りで止め、インスリンとも薬ともおさらばして、食事と運動だけでいきたいものだ。
この一年間が勝負ということになるのです。

スポーツ報知130円 東京スポーツ120円 日刊ゲンダイ120円 紙のプロレス940円 コカコーラ0カロリー147円 週刊ベースボール380円 Gスピリッツ1300円 「秋の糖質制限食レシピ」1500円 「メタボリック食事法」1900円  計7037円 見舞い等 西尾憲一

    00:41 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://maruosatoshi.blog89.fc2.com/tb.php/361-ba34af4c
終了しました
震災による休演もございましたが、劇場の協力を得て代替公演を行ない、予定通りのステージ数を終えました。困難な状況の中ご来場くださったお客様に、心より感謝致します。また、ご協力くださった方々、お心をお寄せくださった皆様にも。本当にありがとうございました。

『死刑執行人
~山田浅右衛門とサンソン』



共同体の和を著しく乱した者は
生きる権利を失う
彼らの存在を世から消す
それが死刑執行人

[会場]
テアトルBONBON
中野駅徒歩5分

[タイムテーブル]
3月9日(水)~15日(火)
9日(水) 19:00
10日(木) 19:00
11日(金) 19:00
12日(土) 14:00
13日(日) 14:00/19:00
14日(月) 14:00/19:00
15日(火) 14:00

詳細は公式サイトでご確認ください
プロフィール

丸尾聡

Author:丸尾聡
○劇作家・演出家・シナリオライター・俳優
○“世の中と演劇するオフィスプロジェクトM”代表


糖尿病演劇人として、日々戦いの毎日
代表作に、戯曲『飯綱おろし』『海峡を越えた女』『離宮のタルト』、オーディオドラマ『バッテリー』『精霊の守り人』『残置物処理班』など

ワークショップ
*開催日程は公式サイト
 ご確認ください

■ベーシック・ワークショップ
 『声のれっすん
俳優志望者・スキルアップを目指す俳優、そして劇作家や演出家とその卵。幅広い演劇人のためのワークショップ。参加申込みは随時。

■戯曲創作ワークショップ
 『劇作のれっすん
構想を戯曲化したい方、書き上げた戯曲をリライトしたい方のため講座。
*短期リライトコース受付中!
 ⇒最終稿まで、面談または
  メール個人指導
*単日セミナー随時開催!

LINK
稽古場日誌更新状況
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
CATEGORY
最近の記事
最近のコメント
RSSフィード
死ぬまで日記を携帯で読む
QRコード
にほんブログ村
にほんブログ村 演劇ブログへ
FC2カウンター
オフィスプロジェクトM
〒214-0014
 川崎市多摩区登戸1504-201
TEL 044-900-9931
FAX 044-900-9213
MAIL info@promstage.com
死ぬまで日記 検索
Twitter

  過去ログはこちらです
2010年の仕事
'09~'10年 劇団ポプラ
三年寝太郎物語
*脚本・演出(全国巡演中)
オズの魔法使い
*演出
'10年3月 プロジェクトM
ダイニング・キッチン
*作・演出(新作書き下ろし)

'10年9月 レクラム舎
星からの伝言
*脚本

'10年10月 プロジェクトM
夕空はれて
*演出
'11年3月 プロジェクトM
死刑執行人(仮題)』
*作・演出(新作書き下ろし)
近年の舞台作品
10年3月/プロジェクトM
ダイニング・キッチン
*作/演出
(テアトルBONBON)

09年11月/プロジェクトM
飯縄おろし
*作/演出
(タイニイアリス)

09年8月/プロジェクトM
この夜の終わりの美しい窓
*芸術監督
(タイニイアリス)
09年3月/プロジェクトM
離宮のタルト
*作・演出
(相鉄本多劇場/サンモールスタジオ/松本ピカデリーホール/長野ネオンホール/千葉神崎ふれあいプラザ) 『離宮のタルト』DSC01149 『離宮のタルト』DSC01132

08年7月/プロジェクトM
料理人~RIO/喰らう/kurau~
*構成・演出
(こまばアゴラ劇場)
『料理人~RIO:喰らう:kurau~』DSCF2176 『料理人~RIO:喰らう:kurau~』DSCF2446

08年2~3月/プロジェクトM
ファイル/残置物処理班
*作・演出
(サンモールスタジオ/相鉄本多劇場/長野ネオンホール/松本ピカデリーホール)


07年4月~現在/劇団ポプラ
三年寝太郎物語
*脚本・演出
(全国巡演)
近年のラジオ作品
NHK-FM 青春アドベンチャー
『世界でたったひとりの子』脚本
09年1月19~30日 全10回
NHK-FM FMシアター
『残置物処理班』脚本
08年3月8日/10月18日(再放送)
*文化庁芸術祭参加作品
*ABU(アジア・太平洋放送連合)賞、ラジオ ドラマ部門最優秀賞受賞
NHK-FM青春アドベンチャー
『闇の守り人』脚本
07年4月16~27日 全10回
NHK-FM青春アドベンチャー
『精霊の守り人』脚本
07年4月2~13日 全10回(再放送)
DVD・上演台本
プロジェクトM Shop
旧作から新作まで、上演作品のDVD・台本を販売しています