FC2ブログ

丸尾聡の死ぬまで日記 復活編

『夕空はれて』を終えて 雑感

「夕空はれて」を終えた。
改めて観客の皆様、スタッフ、出演者、そして多くの関係者、関心を寄せてくださった方に感謝したい。
ありがとうございました。

さて、なんのまとまりもなく、思ったことを書き連ねて行こうと思う。

公演は疲れたよ。
肉体的に久しぶりに俳優と演出を兼ね、だいぶ劇場入りしてからは助けてもらったとはいえ、舞台監督でもあったから。緊縮財政公演の哀しさよ。
腰が痛くなり、足はあがらず、楽日は舞台に立てるのかと思うほど。
なんとかやり終えたかという実感。
二ヶ月ぐらい前から、トレーニングを始めたが、やはり、一度駄目になったぽんこつは、なかなかいう事をきかなかった。
俳優って大変だな。
大変だから、バイトなんかしていると、ちゃんとできないんだろうな。
バイトなんかしていて、働いていて、やるべきことはやっている俳優ってやっぱりすごい。
そういう人がいるのだ。ごくまれにだが。
小林達雄を心から尊敬する。


が、しかし、そういったこともそうなのだが、公演後一週間経っても、身体の奥底にまだはっきりと残る厄介なこの「凝り」は、ここ数ヶ月にわたって別役実戯曲と向き合ってきた痕跡であるのだと思う。

長い稽古だったことは何回か書いた。書いてないかな? Twitterか?

二人役者がいなくなった。一人は首にし、一人は逃げた。
そのことはいうまい。
あることだからである。しかし、今回ほど、そのことの「必然」のようなものを感じた事はない。
私自身、今日から全日で稽古をするという本番一週間前、どうにも身体が動かなくなり、稽古を休んだ。

原因はわからぬ。
持病であるかもしれないし、違ったかもしれない。あるいは風邪だった可能性もある。
とにかく、立ち上がろうとすると、何かが強くブレーキをかけた。
「この芝居をこのままやってはいけないのではないか」
そういうことを思った。
しかし、実際、動けないのだ。

最後までできるかぎりをがんばればいい、そういう芝居もある。
それは自己満足の話ではなく、観客さえも「ああ、よくがんばったな」と思える芝居。
それは、案外、感動的な舞台だったりもする。
もちろん、満足しない観客もいるにはいるが、そういうときに「満足しない観客」ばかりを、演劇は相手にしていないのは、よくも悪くも現実。

アイドルとか甲子園とかそういう話かもしれぬ。

無論、そういうところと、私たちがやった公演、小林達雄以外は、ぽんこつ俳優の私と、あとは若手という公演が、どれだけ違うところに立っていたかはわからぬ。うん、和田広記も若手だな、この作品をやるにあたっては。いい意味でも悪い意味でも。(彼自身が書いている稽古場ブログを読むとよろしい。http://promkeikoba.blog50.fc2.com/blog-entry-841.html/
わからぬが、違うところをめざし、そのことは、少しだけであるかもしれないけど、現実に作用したとは思う。
だが、別役作品の抱えている何かが、わたしのなかの「凝り」に潜んだ事は間違いない。

わかりにくい文体になっている。
まるで別役作品のよう?

そんなに大したもんじゃない、そう。

ただし、別役作品は、難解さを抱えている。
多くの人がそう思うはずだ。事実だろう。
芝居に携わる人や、あるいは演劇の見巧者、くだけていえばファンのなかにも、そうした人は大勢いるだろう。
今回の二人いなくなった原因も、直接的な因はともかく、そうしたところにあるのだろうと私は思っている。

「あらゆる世界に対して誠実であるためには沈黙するのみである、という前提を前にして、如何に職業的芸術家は文体を持続させ得るか? という点から私の計算ははじまる」(盲が象を見る 別役実)

最初に書いておくけれど、これは孫引きだ。これを引用している文章をまず読んでから、わたしはこの別役さんの文章を改めて読んだ。

この主張は劇作家やシナリオを書く者にとって、まさにジレンマを産み出す。
はっきりいうとこういうものは、多くの場合、求められていないからである。
この主張は「なにを、いかに書くか」ではなく「なにを、いかに書かないか」につながるというのは太田省吾さんが書いておられたことだ。
作家にとって「なにを、いかに」がきちんと書ければ、そこそこに仕事はあるものだ。

そしてそれが、つまりなにを、いかに」かが「なぜ」なのかは、多くの場合、都合のいい説明であり、後付けで、それが巧くいった場合、上手に「なにを、いかに」を補完するものにすぎない。
ハリウッドの映画も様変わりして来たが、それらを思い浮かべるとわかりやすいかもしれない。
従って、俳優に求められている事柄も、多くの場合、それに準じることは、間違いない。

別役作品は違う。ととりあえず言い切る。
それは「なぜ」からはじまる世界である。

そこでは、「なぜ=なにを」「なぜ=いかに」でなければいけないというのも、またまた引用だが、太田省吾さんが指摘している事だ。

だから別役作品には、繰り替えし同じ状況が登場する。
同じ道具立てが、あるいは同じ立場の人物が登場するのであろう。
電信柱、ベンチ、なぜかふるぼけている・・・
居候、旅芸人、旅人、病人、欠勤者、スパイ・・・

ミレーという絵描きがいる。
別役さんが絵を描く事は知られているし、絵について多くの文章も書いている。
実にまた孫引きですが。

「ミレーの書くところの農夫は・・・決して私を感動させない。農夫という者はあらかじめ、風景によって了解された存在だからである」(『獏』創作雑感)

つまり、ミレーの例えば「落穂ひろい」は、「なにを、いかに」ということであれば、成功しているかもしれない、作品としてよいものであるかもしれない。しかし、「関係」に置いては誤りである。そう別役さんはいう。

「なぜなら、ここでは『なに(農夫)』は『なぜ=なに』であるべき作用をしていないからである」
農夫だから農場にいても、そこからは、関係性が生まれない、従って「なぜ」という問いは発生しない。
ものすごく、言い切ってしまえば、そういう事であると思われる。

だが、ピカソの「旅芸人」はそうでないという。
旅芸人は、風景からはじき出され、風景の中で「無心」である事を決して許されない存在であるから。

ここで、別役作品の道具立て、に話が戻る。

夕空はれて、の主人公、といっていいかどうかわからないが、男1と表記される登場人物は、新式の台所用品を扱う旅回りのセールスマンであった。どこにいくというあれはないが、たまたま、からっぽの檻とそれを見物するための椅子が並べられている街を通りかかる。

その街は、実に不可思議である。
一般常識が通じない、というのか、行動の理由が男1にはわからぬというのか、しかし、彼らには、なにか確実な行動倫理があり、そうそれはある意味で「誠実」ささえ感じるほどだ。
ちなみに、この行動倫理やそれに伴う誠実さの原因や理屈は、最後まで解明されない。
映画なら、衝撃の結末や、驚きの事実、が鼓舞され、ドラマのクライマックスとなるところであるが、このドラマの場合、問題や描かれているものは、そうしたところと違う地平にあるからである。

旅歩きのセールスマンは、この街の「誠実」から数歩離れている。この「数歩」というのが重要で、あまり離れすぎていると心理的なリアリティが続かない。簡単にいえば、わかりそうでわからない。
だから、男は「なぜ」と問いかけ、その問いかけの中でしか、そこで行動できない。そのなかで「なにを いかに」が生まれる。

男は、ある意味「わかろう」と決心するのだ。この「誠実さ」を。
しかし、その「決心」を強くすればするほど、その「誠実さん」を理解しようとする試みは、不可能である事が証明されて行く。
男は、なんとかその数歩の距離を埋めようとする。
しかし、埋まらない。なぜなら、誠実な者は最初から誠実であり、誠実でない者が誠実になるのは、ほぼ不可能だからである。これは、誠実、という言葉を他の言葉に置き換えてもいいし、人は、どうしても他者とは違う、ということを考えてもらってもいいと思う。

「決心」によって、男と「誠実」の距離はますます離れて行く。だが、男は、なんとか「証明したい」、
そこで生まれてくるのが「嘘」である。

やればできるよ、わからないことはない、俺だって他の人とかわらないさ、
そういった心情の中から、丁寧に細部を検討し、「誠実」さを手許に引き寄せようとする。
それが「嘘」として、別役作品の中で作用する。

別役作品の主人公が、丁寧な言葉遣いなのは、そのためであるというのは、またまた引用であるが。太田省吾さんである。

「夕空はれて」も、男は企まずして「嘘」を重ねることになるが、その嘘故に、崩壊する。

つかこうへい、ケラリーノ・サンドロビッチは、この別役作品の文体を、前者はたぐいまれな「運動神経」と在日であるというバックボーン、そして後者は、「笑い」が観客に作用することの重要性と、音楽をまた一つの生業としているという、していた? という見る者との距離感の在り方で、別役の文体を見事に引き継いで、自分自身で昇華し成功した、ほとんど例外的な劇作家であろうと思う。

そして、1961年に書いた処女作から、50年間、この作家のこうしたスタンスはぶれず、書き続け、しかも職業的な作家で今もあり続ける。
希有。
希有である。
別役実。

そうつまり問題が起きる。別役作品を演じ、あるいは演出する場合。
俳優として、演出家として未熟な場合は無論、論外である。

しかし、そうした場合でなくとも、
俳優は困る。
「どうして、そういう風に言わなくては駄目なのか」
そう書かれているから、としか言いようがないし、俳優が心底納得するには、もしかしたら馬鹿な俳優では駄目なのかもしれない。
セリフが、余計なものを身にまとうと、俳優が「説明」したり「なにかを見せよう」とすると、とたんにこの別役世界はわからなくなり、消え去ってしまう。そこに「在る」ことが重要なのだ。
美術家も困る。
よく登場する、ベンチや電柱は、着飾っては台無しにする。ほぼ、古ぼけていなければいけない。これは、俳優が「説明」したり、まとったりする事と似ている。
演出家も困る。
自分で多少わかるにしてもだ、多くの俳優にこれを納得できるように説明したりするのは至難の業だ。
だから、演出家の言う事を良くききつつ、確かな技術を持った俳優か,前述のように、頭のいい俳優が必要なのかもしれない。

別役作品は、述べて来た通りで、誤解を恐れずにいえば、そこに、よくいわれる「人物の気持ち」などはない。
「セリフの出所」といったものはある。そういう意味でいえば、わけもわからない不条理なセリフが飛び交っている訳ではない。その戯曲は、きわめて、人工的な、方法的な関係意識の工作によって、ていねいであり、こまやかであり、その関係意識のありどころにおいての戯曲なのである。
これもほぼ太田省吾さんがいっている事ではあるな。

すると、俳優はどこによりかかっていけばいいか。
別役戯曲は、演劇ではなく文学ではないか。

その事に対する答えは「この演劇から生まれた文学は、やはり俳優の肉体を正しく通り抜けた時こそ、世界を俯瞰する」ということにしかないと、今のところは思う。
これは引用じゃないよ。

別役実は相変わらずそこにいる。
それを、そのまま、この時代に、演出し、公演するということは、わりと面白い事なのではないか、今、私はそう思っている。

私自身がどこに行くかはわからない。
ただ、決心としてこの別役の世界に、わたしは、もう少し繰り返し身を置き、その繰り返しの作業のなかで、演劇を、自分を考えて行こうという思いの、確かさは、そう確かにある。

もう少し書きたい事があったが、それはまたの機会に。
    18:30 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

夕空はれて 公演終了 感謝

いやあ、終わりました。
夕空はれて

今,事務所を片付けている最中です。
いつもに比べると、それほど仕事量はないが、人が少ないのと、かなりの待ったりムードですわ。



世の中と演劇するオフィスプロジェクトM「夕空はれて」 おかげさまで無事に幕を閉じました。ご来場の皆様、関心を寄せていただいた皆様、ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

公演については、また、改めてゆっくりと書きます。

しかし、腰が痛い。

なんとか歩いています。

    15:41 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

別役実戯曲という、関門

「夕空はれて」(10月29日初日 中野・あくとれ 三日だけだからお早めの予約を公演)の稽古が進んでいる。
あと何日かで一通りあたれるだろう。
読み合わせを始めてから、二ヶ月。

「なんでこんなことがわからないのか」と稽古で思う事もしばしば。もう何回も言ったじゃん、とか。
別役戯曲は、想像以上に、戯曲そのものに向かい合った、あるいは芝居の構造そのものに向かい合った事がない、あるいはそうした経験が少ない俳優に、負荷をかけ、困惑を産み、時には、逃げ出したくなるくらい不可解な物のようだ。

私は面白くて仕方がないのだが、たしかに若い頃であれば、難しかっただろう。
高校時代から、別役さんの地元である我らの地域は別役戯曲の高校生による上演は普通であったが、面白い公演だったか、理解しての公演だったかと言われれば、そうではなかったろう。
顧問の先生もそうであったはずだ。
(あ、この前の座・高円寺での桃歌309「移動」は実に演出長谷がよくわかっている公演であった。もしかすると、私が見たどの文学座やカタツムリの会の別役公演より、長谷ぴーはわかってた。そういうと、「ね、わかってたでしょ」と彼は言ったよ)

私が、別役作品と公演としてふれあったのは、大学時代の「不思議な国アリス」の演出助手であった。
たくさんの戯曲をこのときに読み、興味を持ったが、自分で作品を上演したいというところまではとても行かなかった。
あ、今,思い出したが、高校のときに高校生役で出演した映画で、東京でそこそこ活躍して俳優に「君達、地元の高校の演劇部の生徒なんだってね、どういうのが好きなの」といわれ、うちの部長が「別役実」というと「え、わからないでしょう、ああいうアングラ」といわれたのを思い出した。
反論できなかったなあ。そんときからそうじゃないと思ってたけど。
そういった俳優もいつの間にか見なくなった。

で、それからたくさん見たし、読んだし、考えた。
その間にご本人との出会いもあって「わあ、なんだこの人、戯曲そのままじゃん。あの戯曲は不条理じゃなくてリアルだったんだ」
それから、別役さんのコントの講義。劇作家協会の戯曲セミナーですね。それを拝聴したり。

ああああ、この人は、世界の条理を、コントの枠組みで、提出しているのね、しかも、わかりやすくという事は考えず、ある種の「真実」だけを切り取ってるんだ、説明なく。
そして、ある種の「真実」というのは、実に笑えたり、怖かったり、哀しかったりするのね。
説明しなくても、それがそこにあれば。

と思えるのに、別役戯曲と出会ってから、20年。
いよいよ、自分で上演したのが、今回再演する「夕空はれて」だった。
稚拙な演出で、誤解を恐れずに言えば、稚拙な若い俳優達との作業だったが、客席は爆笑の連続だった。

しかし、今、思えば、わかっていない事が多かった。
反省。

今回は、さらに面白くなるだろう。
俳優が、関門を乗り超えてくれれば。
そう。

今回出演の、小林達雄さんは別役作品の初演に二本ほど出演しているはずだが、稽古がはじまるときに「別役作品は、発見していくことだよね」と言っていた。
まさにそうなのだと思う。
別役作品は、役者の横暴を許さない側面がある。
「こう、書かれている」
それを役者が稽古で発見していく。
しかし、当たり前だが、それは役者の個性を殺す物ではない。
戯曲は、その書かれている情報の圧倒的な少なさ故に、同じ戯曲で同じ演出で同じ劇場で同じ衣装舞台美術で公演しても、俳優によって、全く違った物になる。
それが、いわゆる名作と言われる物が、何百年、何万ステージにもわたって上演され続けていることの理由。

「こう、書かれている」ということが発見できない役者が、戯曲に書かれていることと関係のないものを、稽古場に持ち込み、自分を成立させようとしたときに、この世界は,途端、白々しく、なにもないものになってしまう。

そういう戯曲なのである。

ここで、ケラリーノ・サンドロビッチさんが言っていた事との奇妙な符合に思い当たる。
「お笑いは、わからない人は稽古したってできないから、こういうふうにいわなきゃつまらないんだと言う事を教えて、やらせなきゃいけない」(言葉はちょいと違うかもしれない)

別役作品が、あるコントだということと照合すると興味深い発言だ。
笑えなければコントではない。わらえるための、台詞のトーンや間や抑揚や、その言葉をどういうつもりで言っているか、ということを役者はやらなければいけないし、実は、そのやりかたは、あまりたくさんなく、ほとんど一つしか、方法がない。
「笑い」というフィルターで考えれば。

別役戯曲にも、同じ事が言えるのではないだろうか。
稽古の最初から俳優に「どうやるかを考えるのではなく、どう書かれているかを読み取ってくれ」と言い続けて来た。

一本の木から、そこに埋もれている物を丁寧に削りだして行く作業は、よく切れるノミをもっていない人には辛かろう。そのノミが、普段の役者の訓練で培われるものであるのだが。
だが、切れないノミで、掘り当てた物が、無骨で良いという場合は、かなりある。

あるいは、ある日突然に切れるノミを手に持っていた、ということもあるのが俳優だ。

今回は、たくさんたくさんの稽古。それ故に、まだまだ稽古が足りないと思える。
私たちは踏み込んでいる。

さらに踏み込んで行くだろう。

この芝居、面白い。



    00:41 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

「夕空はれて」チケット前売開始

まだ、二ヶ月先の公演だが、徐々に徐々に、稽古を進めている。
そして、本当に稽古が面白い。
戯曲から、少しずつ、少しずつ、丁寧に、「具体」を探り出していく作業。
芝居を作るのには、いろいろな楽しみがあるが、今、無性に楽しいのだ。

多くの方に見ていただきたいが、
短い期間の講演で、狭い劇場。
ご予定が決まりましたら、ご予約をお願いいたします。
私も出るのだ。
役者の作業というのは、なんと生理的快感に満ちているのか。


別役実の'86年作品を“今”上演! その街は、ネットの中にも似て…

『夕空はれて ーよくかきくうきゃくー』 作:別役実 演出:丸尾聡

口ではそう言っていますけど、内心では…
内心はないんだ、内心はないんだよ
檻から逃げた動物が、毎晩人を噛むという街
通りかかったセールスマンは、人々のコトバの愉快とコトバの不快に翻弄される
ルールはあるのか? それともないのか?
ずれているのはあっちか? こっちか? どちらもか?
人を噛むのはライオン? 虎? 熊? それとも…何?

中野/あくとれ

出演

小林達雄

和田広記 小山貴司
横澤有紀 小林仁崇

五つ子ニコ 小田和美

丸尾聡

金子展尚 佐々木進仁

29日(金) 15:30 ☆/ 19:30 ★
30日(土) 14:00 ★/ 18:00 ☆
31日(日) 14:00 ☆/ 17:00 ★
ダブルキャスト★…小山貴司 ☆…小林仁崇 

【チケット】
日時指定・自由席
[前売/予約]
・3,000円
[当日]
・3,500円

お申し込みは以下から。
http://ticket.corich.jp/apply/22393/005/
    12:05 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
終了しました
震災による休演もございましたが、劇場の協力を得て代替公演を行ない、予定通りのステージ数を終えました。困難な状況の中ご来場くださったお客様に、心より感謝致します。また、ご協力くださった方々、お心をお寄せくださった皆様にも。本当にありがとうございました。

『死刑執行人
~山田浅右衛門とサンソン』



共同体の和を著しく乱した者は
生きる権利を失う
彼らの存在を世から消す
それが死刑執行人

[会場]
テアトルBONBON
中野駅徒歩5分

[タイムテーブル]
3月9日(水)~15日(火)
9日(水) 19:00
10日(木) 19:00
11日(金) 19:00
12日(土) 14:00
13日(日) 14:00/19:00
14日(月) 14:00/19:00
15日(火) 14:00

詳細は公式サイトでご確認ください
プロフィール

丸尾聡

Author:丸尾聡
○劇作家・演出家・シナリオライター・俳優
○“世の中と演劇するオフィスプロジェクトM”代表


糖尿病演劇人として、日々戦いの毎日
代表作に、戯曲『飯綱おろし』『海峡を越えた女』『離宮のタルト』、オーディオドラマ『バッテリー』『精霊の守り人』『残置物処理班』など

ワークショップ
*開催日程は公式サイト
 ご確認ください

■ベーシック・ワークショップ
 『声のれっすん
俳優志望者・スキルアップを目指す俳優、そして劇作家や演出家とその卵。幅広い演劇人のためのワークショップ。参加申込みは随時。

■戯曲創作ワークショップ
 『劇作のれっすん
構想を戯曲化したい方、書き上げた戯曲をリライトしたい方のため講座。
*短期リライトコース受付中!
 ⇒最終稿まで、面談または
  メール個人指導
*単日セミナー随時開催!

LINK
稽古場日誌更新状況
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
CATEGORY
最近の記事
最近のコメント
RSSフィード
死ぬまで日記を携帯で読む
QRコード
にほんブログ村
にほんブログ村 演劇ブログへ
FC2カウンター
オフィスプロジェクトM
〒214-0014
 川崎市多摩区登戸1504-201
TEL 044-900-9931
FAX 044-900-9213
MAIL info@promstage.com
死ぬまで日記 検索
Twitter

  過去ログはこちらです
2010年の仕事
'09~'10年 劇団ポプラ
三年寝太郎物語
*脚本・演出(全国巡演中)
オズの魔法使い
*演出
'10年3月 プロジェクトM
ダイニング・キッチン
*作・演出(新作書き下ろし)

'10年9月 レクラム舎
星からの伝言
*脚本

'10年10月 プロジェクトM
夕空はれて
*演出
'11年3月 プロジェクトM
死刑執行人(仮題)』
*作・演出(新作書き下ろし)
近年の舞台作品
10年3月/プロジェクトM
ダイニング・キッチン
*作/演出
(テアトルBONBON)

09年11月/プロジェクトM
飯縄おろし
*作/演出
(タイニイアリス)

09年8月/プロジェクトM
この夜の終わりの美しい窓
*芸術監督
(タイニイアリス)
09年3月/プロジェクトM
離宮のタルト
*作・演出
(相鉄本多劇場/サンモールスタジオ/松本ピカデリーホール/長野ネオンホール/千葉神崎ふれあいプラザ) 『離宮のタルト』DSC01149 『離宮のタルト』DSC01132

08年7月/プロジェクトM
料理人~RIO/喰らう/kurau~
*構成・演出
(こまばアゴラ劇場)
『料理人~RIO:喰らう:kurau~』DSCF2176 『料理人~RIO:喰らう:kurau~』DSCF2446

08年2~3月/プロジェクトM
ファイル/残置物処理班
*作・演出
(サンモールスタジオ/相鉄本多劇場/長野ネオンホール/松本ピカデリーホール)


07年4月~現在/劇団ポプラ
三年寝太郎物語
*脚本・演出
(全国巡演)
近年のラジオ作品
NHK-FM 青春アドベンチャー
『世界でたったひとりの子』脚本
09年1月19~30日 全10回
NHK-FM FMシアター
『残置物処理班』脚本
08年3月8日/10月18日(再放送)
*文化庁芸術祭参加作品
*ABU(アジア・太平洋放送連合)賞、ラジオ ドラマ部門最優秀賞受賞
NHK-FM青春アドベンチャー
『闇の守り人』脚本
07年4月16~27日 全10回
NHK-FM青春アドベンチャー
『精霊の守り人』脚本
07年4月2~13日 全10回(再放送)
DVD・上演台本
プロジェクトM Shop
旧作から新作まで、上演作品のDVD・台本を販売しています